ハクビシンによる被害が拡大する前に、駆除にとりかかりましょう

業者を見つける

インターネットを利用することで、ハクビシンを駆除してくれる業者を見つけることが出来ます。ハクビシンを駆除した後は再びハクビシンが来ないように対策をとりましょう。

» もっと読む

保健所に連絡する

大量発生してしまって困っているなら鳩は駆除を業者に頼むと安心ですよ。これで問題がすばやく改善されます!

一戸建てのトコジラミ駆除は必ずしましょう!古い家に住み着いていることが多いので気になる方は調査してもらう方が良いですよ。

ハクビシンの生態と日本での状況

ハクビシン(白鼻芯、白鼻心)はジャコウネコ科のほ乳類で夜行性です。 体長は尾を含めて約1mあり、見た目はタヌキに似ています。 体の大部分は黒っぽい灰褐色で、四肢は短めです。 名前の通り額から鼻にかけて白く太い線 目立ち、目の下や耳の前あたりにも白い模様があります。 山林の樹木の上で生活しているため、握力があります。また、ジャンプ力もなかなかです。 雑食性で、特に果実を好みます。  元々は東南アジアを中心に生息していましたが、日本には毛皮用に持ち込まれ、 江戸時代にはハクビシンと思われる絵が残っています。 ただ、外来種か在来種かは未だに特定されていません。 現在は、東北の南と中部、四国を中心に生息しており、他府県では捕獲数は少ないものの、ほぼ日本全国に分布しているようです。 農作物や果樹への被害は甚大で、地域レベルで対策に乗り出し、全国で毎年1000頭以上捕獲されていましたが、近年はさらに、捕獲数が倍増しています。

民家への被害と対策方法

民家へのハクビシンによる被害と対策方法手順をご紹介します。 以前は、果実の食害が問題視されていましたが、現在は家屋の屋根裏に進入したり、生ゴミを荒らしたり、小型のペットが襲われる被害が報告されています。 対策が必要になりますが、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律により、捕獲するには保健所などへ有害鳥獣駆除の申請が必要になります。 申請は被害の当事者が行うのですが、委任状により代行する業者もあります。 駆除の方法はくん煙剤を焚くか、イヤがる匂いの忌避剤で追い出す方法と、罠を仕掛けて捕獲する方法があります。 ただし、ハクビシンは非常に凶暴なので人に対しても襲いかかってくる事がありますので、十分気を付けて下さい。 後は、糞尿の掃除やノミ、ダニの駆除をして、進入口を封鎖します。 その他の対策として、犬や猫の忌避剤を家の周りに撒いておくのも有効です。

最新の記事

早い行動

トコジラミ駆除は早ければ早いほど、被害を抑えることが出来ます。近年はトコジラミが増えてきている為に、被害も多くなっています。専門業者に任せることでしっかり駆除をすることが出来るでしょう。

被害を抑える

蟻には毒を持っている種類もいる為、安心してはいけません。蟻駆除をすることで自分の身体も食料も守ることが出来ます。生ごみを溜めない、食料は保存するなどすることで被害から逃れることが可能です。

プロに依頼する

鳩には病原菌が沢山いる為、駆除が必要となります。地域ぐるみで駆除をすることが出来ますが、専門業者に依頼をした方が高い効果を実感出来ます。巣をつくらない前に駆除しましょう。

↑ PAGE TOP